このページでは、ソファーベッドを選ぶ際に気を付ける「材質(素材)」についてお届けします。

表地の材質

ソファベッドの表面である表地は、素材によって感触が変わってきますので、購入前のチェック項目のひとつとなります。ただし、材質の表記には一定のルールはなく、同じような素材でも表記が微妙に違ったりと、消費者にとっては分かりづらいのが実態です。素材比較の目安となるように、材質の表記一覧を記載しておきます。

・ファブリック
綿やポリエステル(そのように表記されていることも有り)など、実際の素材は多種です。風合いは柔らかいが汚れは取れ難い。

・合成皮革(ビニールレザー)
ポリウレタン(PU)や塩化ビニル(PVC)が素材(そのように表記されていることも有り)のことが多い。天然皮質に似せて作れらた加工品。非常に高度に作られ、本革との区別が難しいものもあります。

・本革
本物の革。通常牛皮革です。通気性、柔軟性があります。肌触りも非常に良い。一番高価な素材です。一部の高級ソファベッドに使用。

 

スプリング&クッションの材料

ソファベッドの座り心地&寝心地を決めるのが、スプリングとクッションの材料になります。スプリングが衝撃吸収を行い、そのまわりのクッション材との組合せによって、最終的な座り心地(&寝心地)が完成されます。


スプリング部分の材料は主に次になります。

・Sスプリング(Sバネ、鋼製バネ)
S字型バネが連結されたスプリング。強度があるのが特徴。コストは安め。

・ウェビングテープ
帯状ゴムベルトをクロス状に張ったスプリング。クッション性が高くて柔らかでしなやかな弾力。耐久性はやや劣ります。

・コイルスプリング
渦巻状のバネを使用したスプリング。鋼製バネに比べて柔らかな弾力感。

・ポケットコイルスプリング
コイルスプリングの上位版。渦巻状コイルバネを連結させず、ひとつひとつ袋に収めて設置されたタイプ。体の沈み具合をひとつひとつのコイルバネが独立して受け止めてくれるので、座り心地も良くフィットします。


クッション部分の材料は主に次になります。

・ポリエステル綿
復元力が優れた素材。軽くて柔らかい素材。弾力性などもいろいろと加工できます。ひと口にポリエステル綿といっても、様々な種類があります。

・ウレタンフォーム
ポリウレタン樹脂が主成分の発泡させたスポンジ状のものです。ポリウレタンも様々に加工されたタイプがあり、柔らかいものから硬いものまであります。お尻があたる座位の上層部分には柔らかい素材、下層部にチップウレタンなどの硬いウレタンフォームといった、ソファベッドの部位によって異なる硬さのウレタンフォームを使い分けます。

通常、上記のポリエステル綿とウレタンフォームが合わせて使用されたりします。